Kasumi ONLINE
見やすさに厳しい女子大生ブロガー
voicy

【voicy振り返り】タビワライフの旅するラジオ#8

こんにちは!voicyを振り替える”voicy振り返リスト”のkasumi(@kasumi.online)です!

引き続き、『死ぬまで新婚旅行』のタビワライフの”旅するラジオ”【voicy振り返り】をしていきましょう~~📻✨

ペンギンちゃん
ペンギンちゃん
タビワライフvoicy振り返りについて知らない人は、↓から!

#8:オーストラリアのワーホリは稼げるの?

第8回は「オーストラリアのワーホリは稼げるの?」というテーマについて!📻✨

っとその前に、収録日に涼さんが”ぎっくり首”になってしまったそうです…。

涼さん、ぎっくり首になる

”死ぬまで新婚旅行”と表して、世界一周旅行を904日間していた、タビワライフ。

その旅の中で、涼さんは『ぎっくり腰』と『ぎっくり首』になったそう。

ペンギンちゃん
ペンギンちゃん
『ぎっくり腰』は分かる。『ぎっくり首』ってなんだ?
”ぎっくり首”情報

ぎっくり首とは、その名の通り”ぎっくり腰”の首バージョン。

整形外科で受信すると『脛椎捻挫(けいついねんざ)』と診断される。

専門家によると、いくつかの原因(姿勢、運動不足、筋肉の硬さ、枕の高さ、自律神経の乱れ)が重なって蓄積されて発症するもので、首が炎症をおこし、痛みやハリが出てくる。

ちなみに、ぎっくり首の症状は、

  • 首を動かすと強い痛みがある
  • 痛みで首が動かせない
  • くしゃみをすると首に激痛が走る

などがある。

出典:MOCOSUKU『突然、首に激痛が… コレはもしかして「ぎっくり首」!?』

そんな”ぎっくり首”に学生時代から悩まされてる、涼さん。

涼さんがぎっくり首になると、

  • 首から頭を、ハンマーで殴られたんじゃないかというくらい痛い
  • 歩けない・ほど首がいたい
  • 起き上がると痛いから、仰向け状態から抜けられない
  • 階段降りられない
  • トイレで自分でズボンが下げられない

これは、本当にやばすぎますね。辛そう。

こんな記事をかかれてます。

28歳は、年ではないと思いたい!!だって、あと6年たてば私も28歳になるわけで…

涼さんによると『ぎっくり首って、思ってる以上になり得る。

『適度な運動、ストレッチで肩や首に負担をかけないようにしてほしい。』

とのことでした。

自分の体調管理について、考えさせられます…😵💦

オーストラリアのワーホリはどのくらい稼げるのか?

タビワライフのワーホリ情報

タビワライフのお2人は、世界一周の新婚旅行中に

オーストラリアで10ヶ月のワーキングホリデー(ワーホリ)を経験したそう!

タビワライフ:ワーホリ情報①
  • 期間:10ヶ月
  • 国:オーストラリア
  • 実際にやった仕事:農業
  • 時給:オーストラリアドルで22ドル(日本円で、1800円)

タビワライフのお2人は、農業をしていたそうですが

具体的な仕事内容としては、

  • ピーマンの収穫
  • 畑を耕す
  • 草むしり

など、経験がそこまでなくても出来そうな仕事内容!

時給は、オーストラリアドルで22ドル。

ペンギンちゃん
ペンギンちゃん
日本円で1800円だから、普通に日本でバイトするよりはgoodやね!!

時給は高いけど、2人はワーホリを始めた当初、”お金をもらえる”という感覚よりは、”ボランティア”の感覚だったそうです。

ファームでお手伝いって感覚だったからかな??🤔

ちなみに、

フィリピンで語学留学→オーストラリアでワーホリ

という流れで進む人が多いらしい!

その理由は、『オーストラリアでワーホリをすると稼げて、貯金が出来る』から。

オーストラリアは稼げる!

もっと詳しい、タビワライフのワーホリ情報をまとめました!

タビワライフのワーホリ情報②
  • 時給:22ドル(日本円で1800円)
  • 時間:平均10時間(朝7、8時~夕方5、6時)
  • 曜日:月~金(時々、土日もある)

かなり驚きですが、1ヶ月で手取り30万円くらい稼げたそう…!

なんで、オーストラリアは稼げるの?

そもそも物価が高い→給料も高い

オーストラリアに着いた当初は、宿代も高いし、物価も高いしってことで、タビワライフは節約生活をしていたそう。

ちなみに、オーストラリアはイギリスの文化が強いのか、

外食高いのに美味しくない(笑)←涼さんが言ってました🤣

2人がワーホリをしていた場所は、超田舎だったからレストランもなくほとんど毎日自炊。

食材など、もの自体はそんなに高くはなく、ファームで野菜をもって帰り放題だったから

月に100ドルで生活できてたそう!!!!

ワーホリ始めるまでに大変なこと

ワーホリ始めるまでに、大変だった事として2人が話してたことは、

  • 銀行口座を新たに開く
  • 色んな職業につくための番号をゲット
  • 最初出費がありすぎる(宿代、食費など)

などなど。

確かに、これらを英語でやるのはかなり大変だろうなあ。

そういう”右も左もわからないとき”は、ワーホリ経験者にたくさん教えてもらっていたそうです。

オーストラリアのワーホリ=”農業”ってイメージ?

オーストラリアでワーホリをする

そうなると、”農業”をするというイメージが強いらしい。

その理由は『セカンドビザを申請する権利を得るため』

オーストラリアでのワーホリビザ

ビザ1年目は、だれでも申請できる(最長1年)

しかし、2年目のビザ(=セカンドビザ)を取得するためには『政府が指定している働き場所で一定期間以上働くことが必須』。

その指定先の働き場に多いのが、農業をやるファームなので

多くの人がワーホリで”農業”を選択するらしいです。

それに、日本よりも給料が高いからたくさんに人が長くワーホリすることを望むのかもね✨

タビワライフの2人はセカンドビザが目的でファームを選んだ訳じゃなく、農業が好きだったからファームを選んだそう!

オーストラリアは、ワーホリ希望者の受け入れ体制がしっかりしてるし、天気もいい。なので2人も「永住権ほしいなあ」って思ったこともあるらしいです(^^)

海外で働くという選択もある

大地さんいわく、

『旅は貯金を切り崩しながらするもの』そう思う人が多いと思うけど、

ワーホリは、海外にいながら仕事をしてお金を貯めれる。

これは心にゆとりが持てるから良い。

それに「海外にいるのにお金を消費していない」っていうのも良い。

確かに、、、

無意識に『旅行=散財』って思っちゃう節がある。

ワーキングホリデーって、新しい生き方そのものだね!!

「オーストラリアで」がいちばん賢い?

「オーストラリアでワーホリしたい!」

そう思う人が多いらしいけど、他の国はどうなんだろう?

カナダは時給は高くないけど、チップで稼げらしい。

でもオーストラリアなら、

  1. 貯金ちょっとで、いきなりオーストラリアに来る
  2. ワーホリする
  3. 英語勉強して、友達作る
  4. 貯金がたまる
  5. 海外に旅に出る(友達に会いに行ったり)

日本でお金をためるよりも、ワーホリに行ってお金を稼ぐことが出来ちゃうんですね!

「ワーホリ行きたいな~!でもどうなんだろうな~…」

そんな風に考えてる人がいたら、是非ワーホリについて調べてみてください(^^)

質問箱:アイキャッチ画像作成に使っているアプリは?

 

主に、涼さんがタビワライフのブログ運営を行っている、とのことですが、

そのブログに関する質問でした!

ブログのこの画像を”アイキャッチ画像”と呼ぶのですが、

これを作るときに涼さんが使っているアプリが、”Phonto

フォントの数、背景の数が多く、画像サイズも決められて、使い勝手がいいそうです。

ダウンロードしてみてはいかがでしょうか??(^^)

まとめ:ワーホリはオーストラリアだな!

第8回のまとめ
  1. オーストラリアでワーホリ、はかなり稼げる
  2. ワーホリは、海外で働くという新しい生き方
  3. ぎっくり首に気を付けろ
  4. 涼さん愛用のアプリは”Phonto”

では、また👋👋