Kasumi ONLINE
見やすさに厳しい女子大生ブロガー
見やすさチェック

初心者ブロガーやりがち!”見づらいブログ記事の特徴”とは?

 

こんにちは!見やすさに厳しいブロガーのkasumiと申します!

今回はこれに当てはまったら、絶対見づらい!という

”見づらいブログの特徴2選”をまとめてみました👍👍

読んでもらいたい人
  • ユーザーの滞在時間が短い、初心者ブロガーさん
  • 自分のブログが”見づらいかどうか”確認したいブロガーさん

記事の前半には

  • 私が”見やすさ・見づらさ”について語る理由
  • Twitterの”見やすさチェック✨”企画について

が書かれています。

これらに興味がない方は、目次の『見づらいブログの特徴』から読んでくださいませ👍👍

なんでkasumiは”見づらさ”について語るの?

きっかけは、Twitterの企画

私自身が”見やすさ”が意外と大事だ!!と感じたのは、

私がTwitterで行った、『見やすさチェック✨』企画がきっかけでした。

 

そもそも、この企画をやろう!と思ったきっかけは、フォロワーさんが私のブログを「見やすい」ってちょいちょいほめてくれたこと!

「あれ?ほめてもらえるところって、もしかして私の長所なのかも!!」

そう勝手に解釈したのが、この企画の始まりでした。😂

ノリで、さらっとツイートしたら、沢山リツイート&いいねを頂いて…

見やすさチェックをしているときは、丁寧に的を得たツイートを返したくて”嬉しい悲鳴状態”でした😂💕

見やすさチェック✨企画をやってみて

この『見やすさチェック✨企画』をやってみて、

ブロガーさんには『自分のブログを客観的に見てもらいたい人が多い』ことに気づきました。

ブロガーさんって、せっせこせっせこ記事を書いて書いて書いて・・・

とことん孤独な人種じゃないですか。

それに、自分の記事をチェックしてくれる人が近くにいることはごく稀。

でも、そんなブロガーさんの本音は、

誰かにチェックしてもらって「もっとユーザーが訪れるブログにしたい」。

なんか、そんな沢山のブロガーさんの心境を感じとることが出来る企画だったなあ~。と、そんな風にしみじみしています👍

あと、もうひとつ発見がありました。

それがこちら。

 

このツイートの通り、コンテンツが濃いのに見づらいことで読まれないブログも無きにしもあらず。

そんなブロガーさんを支えられる存在になりたいなあ…と、改めて感じることができました(^^)💗

見やすさチェック✨企画の結果

『見やすさチェック✨』自体はこんな感じで行いました。↓

 

そして、この「見やすさチェック✨」企画は今現在(2018年9月17日)でも、

リツイートが161、いいねが334も頂けており、かなり好評で、本当に嬉しい限りでございます!😆🎵

本当に感謝、感謝です🙇💗

しかし、残念ながら、応募してくださった全員の「見やすさチェック」は出来ませんでしたが…🙇🙇

100人のブログチェック✨は達成できました!!

そして、100人のブログをチェックすることで、

見づらいブログの特徴を把握することができました。

なので、皆さんが参加してくれたこの企画を有効活用するために!!

私は”見づらさ”について、語らせていただきますっ!(^^ゞ

よって、この記事では

  1. 見づらいブログの特徴
  2. ”見づらいかどうか”を調べる、セルフチェック方法

この2つについてまとめてみます。

特に初心者ブロガーさん!!!

この機会にセルフチェックしてみましょうっ!(^^ゞ💗

見づらいブログの特徴

見づらいブログはどっち??👀✨

突然ですが、右と左のブログ記事を見比べてください。

  • アイキャッチ下
  • ブログコンテンツ内①
  • ブログコンテンツ内②

あなたは、

右と左のどちらが見づらいと感じましたか??

断然・・・

 

右ですよね!!!

ちなみに、

左:わたしが書いたオリジナル

右:記事の装飾をすべて消したバージョン

オリジナル記事を読んでみたくなった方はコチラへ。

そう!右なんです!!

じゃあ、が見づらい理由を言語化してみましょう!

右が見づらい理由
  1. 文字ばっかりで、見づらい&読みづらい。
  2. 文字が小さくて、目が疲れる。
  3. どこを読めばいいのかわからない。
  4. 行が多すぎると、読む気が失せる

まとめると、

文字ばっかりの記事は、単調で読みづらくて、とにかく見づらい。

これが、”見づらさ”を作り出してる根元なんです。

この見づらさの特徴を見ていきましょう!

特徴その1:単調・シンプルすぎる文面

この画像を、もう一度よく見てみてください。

まったく同じ文章なのに、”見やすさ”がまるで違いますよね!

右が見づらい理由は、、なんの装飾もなくシンプルすぎるから

左の記事には

  1. 見出し
  2. 太字・ハイライト
  3. 大きな文字
  4. ボックス

という四つの装飾が使われています。

しかし、右の記事はゼロです。

ちなみに『見やすさチェック✨企画』で、

この『単調・シンプルすぎる文面』であった方は100人中、20人

5人に一人の方が、真っ白な状態がスマホ画面で少しでも見られた、という結果が出ました。

装飾がない状態だと…

ユーザー(読み手)が目を留められる場所が無く、ユーザーが内容を理解せずに、記事からの離脱が増えてしまいます。😢

そもそも、ユーザーはものすごく興味を持ってくれた時以外、

ユーザーが記事の文章を細かく読むなんてことはありえません!!!

なので『記事をいかに装飾してユーザーの目を留められるか』は、

かなりのキーポイントだと言えます👍

特徴その2:一段落に大量に並ぶ文字

次に、この画像を見てください

これも、の記事が明らかに見づらくないですか…??

理由は、特徴その1『シンプルすぎる』というのもありますが、、

そうなんです。

とにかく『一段落に文字が多すぎる』ことが、大きな理由なんです。

『見やすさチェック✨企画』でも、これに当てはまる人は100人中22人いました。

4人に一人の割合ですね…🤔🤔

さっき、特徴その1でもお話しした通り、

『ユーザーは、本当に興味を持ったものしか、記事の細かい部分まで読みません。』

そうなると、いかに『見やすいか・読みやすいか』というのが大事になってくるので、

一段落の文字が多すぎることは、ユーザーにとっての『見づらさ』に繋がってきます

まとめ:”見づらさ”の特徴

ここで、今回のおさらいをしたいと思います👍

”見づらさ”まとめ
  1. 単調・シンプルすぎる文面
  2. 一段落に大量に並ぶ文字

これら二つが、記事を見づらくさせている大きな理由!

『ユーザーは興味のある記事しか丁寧に読まない!』ということを意識すべし!

そして、ユーザーが目を留められる仕組みをブロガーが作れるかが、”見やすさ”を作るのに大切💗

最後に・・・!セルフチェック方法👀✨

 

見づらさセルフチェックの方法👀✨
  • スマホ画面で記事を見て、一瞬でも文字だけの画面が出てくる?
  • 一段落で5行以上になってたりする?

これら2つのどちらかに当てはまったなら、もう一度記事を見直してみてはいかがでしょうか?😁

 

次回は、『シンプルすぎる記事をどうやって見やすくするか?』に迫っていきます(*`・ω・)ゞ

ではでは👋👋

スポンサーリンク